新着情報

【5月11日更新】 韓国電波法 電磁両立性試験方法の改正通知(国立電波研究発表第2021-10号)

法規制情報 2021.05.11


 

電磁波適合性試験方法の改正通知『国立電波研究発表第2021-10号』について
公布後3ヶ月経過し,5月9日から適用開始されました。
電波法に関連する電子電気機器を韓国へ上市する際はご注意ください。
  旧:KN規格
  改正後:KS規格

なお,KS規格は下記サイトより閲覧が可能です。
국가표준인증 통합정보시스템
(国家標準認証統合情報システム)

購入については下記サイトから可能です。
한국표준정보망
(韓国標準情報網)

お問い合わせ先
株式会社アイピーエス 長野EMCセンター


▽2021年2月22日掲載▽
----------------------------------------------
韓国国立電波研究院(RRA)より,2021年2月8日付けにて,
電磁波適合性試験方法の改正通知『国立電波研究発表第2021-10号』が発表されました。
該当ページはこちら

1.関連

1)電波法第47条の2及び電波法施行令第67条の2
2)放送通信機資材などの適合性評価に関する告示

 

2.改正の理由

国家標準の統合と汎省庁参加型の国家標準のオペレーティングシステムの導入により,現行電磁両立性試験方法のKN試験方法を国家標準【KS】に変更するために改正するものである。

 

3.主な内容

電磁両立性試験方法(国立電波研究発表第2019-132号,2019.12.31)の別表KN試験方法を国家標準【KS】に置き換えて,改訂(案)を設ける(案第3条、第4条)

 


変更前と変更後の規格番号の例
KN 11     ⇒ KS C 9811:2019
KN 61000-4-2 ⇒ KS C 9610-4-2:2017
KN 32     ⇒ KS C 9832:2019


なお,国立電波研究発表第2021-10号の最終ページの附則は次の通り

附則<第2021-10号、2021.2.8>
第1条(施行日)この発表は,公布後3ヶ月が経過した日から施行する。
第2条(経過措置)この発表施行当時従前の電磁両立性試験方法第3条・第4条の規定により適合性評価試験を行った場合には,第3条・第4条の改正規定にかかわらず従前の規定に従う。

 

新着情報 一覧に戻る
サイトマップ表示 お問い合わせ・営業日カレンダー ページの先頭へ