試験にあたり

ご依頼の際にご準備いただくもの

試験品に接続されているケーブルについて

イミュニティ試験において、規格の規定により、着脱可能な印加対象ケーブルについては
特に規定がない限りは、ケーブル長を指定の長さに変更して頂く必要がございます。
切断可能なケーブルもしくは各試験に対応した同仕様の複数本のケーブルをご用意下さい。

バーストイミュニティ試験(IEC 61000-4-4)
試験対象が電源線,接地線の場合

試験品と結合装置間が次の長さになるようにケーブル長を変更して頂く必要がございます。

卓上機器: 0.5m
床上機器: 1.0m

試験対象が信号線の場合

信号線を容量性結合クランプにてはさむ必要があるため、
ケーブル長を約3m程度の長さに変更して頂く必要がございます。

サージイミュニティ試験(IEC 61000-4-5)

試験品と結合装置間が2m以下になるようにケーブル長を変更して頂く必要がございます。

伝導イミュニティ試験(IEC 61000-4-6)

全ての電源線,接地線は、結合・減結合回路網(CDN)に接続します。
CDNを取り付けるときは,それらを装置 から0.1~0.3 m の距離に配置しなければならないため、
それぞれのケーブルを0.3m程度の長さに変更して頂く必要がございます。
信号線等を印加する場合にも、信号線を装置から0.1m~0.3mの位置にEM結合クランプにてはさむ必要がございます。


※上記は一般的な製品の試験の場合の例です。
 試験品の仕様や適用規格により、異なる場合がございますので詳細はお問い合わせ下さい。

サイトマップ表示 お問い合わせ・営業日カレンダー ページの先頭へ